// canonical、header内で使う
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年の株主優待ひとりごと

現物取引・株主優待メインで長期資産運用しています

指標からみる割安株の見つけ方。EPS、BPSの使い方




f:id:tachann110:20150812103326j:plain

今回はEPS・BPSの説明になります。

正直なところこの指標に関してはあまり使われる事が少ない指標です。というのもEPS・BPSというのは前回記事のPER・PBRの元になる指標とも言えるからです。

参考記事

EPSとは

 

「Earnings Per Share」の略で一株あたりの純利益のことを表します。

計算方式は下記の通りです。

EPS=当期純利益÷発行済株式数

これはPERの計算式の分母になっている指標で単体で見る事はあまりない指標です。

PER=株価÷EPS

この指標は発行株数や純利益によって大きく前後するため、基本的には前年対比で使われる事が多いです。前年より数値が高くなる方が株価上昇の要因ともなります。

 

BPSとは

 

「Book value Per Share」の略で一株あたりの純資産のことを表します。

計算方式は下記の通りです。

BPS=当期純資産÷発行済株式数

これはPBRの計算式の分母になっている指標で単体で見る事はあまりない指標です。

PBR=株価÷BPS

この指標は発行株数や純利益によって大きく前後するため、基本的には前年対比で使われる事が多いです。前年より数値が高くなる方が株価上昇の要因ともなります。

 

まとめ

 

同じような記述となってしまいましたが、BPS・EPS共に分母を発行済株式数にする事で「一株あたり〇〇」を指標としているため計算式が似ています。PBR・PERの分母となっている指標でPBR・PERを参考にする場合は潜在的にBPS・EPSも含んでいるという事です。しかしながら注意点として、どちらもあくまで過去の決算データから導き出されるものだということです。今期数値がよかったとしても来期決算時の純利益や純資産が悪ければ数値は落ちます。あくまで過去の実績データを算出する指標であり普遍的なものでは無い事を認識する必要があります。

 

EPS=当期純利益÷発行済株式数

BPS=当期純資産÷発行済株式数

PER=株価÷EPS

PBR=株価÷BPS

 

上記のようにEPS・BPSにはPER・PBRと相関性のある指標になります。

詳しくはPER・PBRの記事をご参考下さい。

広告を非表示にする